everyday, everynight

子育てをしながらバイトを始めたけどすぐ辞めた新米ママのブログ。

葛西に住んで良かったこと

葛西に移り住んでから早2年半。

それまでは、自由が丘のあたりを転々としていました。

 

引っ越しのきっかけは、妊娠。

それまでは主人と2人暮らしだったので、1DKのアパートに住んでいたのですが、

壁がうっすいし、狭いしで、こどもNG。

止む無く引っ越すことにしました。

 

主人が家で仕事をすることもあるので、2部屋は欲しい。

洗面所必須。壁が厚いマンションが良い。2階が良い。日当たりが良い…。

そんな物件を目黒区や世田谷区で2LDKを探すと、軽く20万はいきます。

 

無理!!!

 

わたしは里帰り出産をする予定だったので、

千葉寄り、且つ家賃休め、且つ子育ての助成が手厚い江戸川区にしよう、となりました。

こういう世帯、多そう…。

 

前置きはこのくらいにしておいて、

葛西に住んで良かったこと、葛西に住むメリットをまとめます。

 

乳児養育手当(ゼロ歳児)

子どもが生まれてから、1歳になるまでの12か月間、

月額13,000円が支給されます。

1年間で13万円。手厚い…。

毎月家計簿をつけていますが、やはり何だかんだで、

子供に月1万はかかってしまいます。オムツとか服とか。

ミルクで育てている人は、さらに上乗せ。

月13,000円はかなり有り難いです。

 

②とにかく子どもが多い

土日になれば、外を歩く家族のほとんどが抱っこ紐をつけています。

いや本当マジで。

このメリットは、精神的なものが大きいですね。

買い物中とか移動中に、赤ちゃんが騒いでも、

みんなお互いさまというか、

「うちの子もこんな時期あったよね」的な目で見てくれるので、

すごく気が楽です。新米ママには非常に助かります。

あと、子どもが多いからこそ、子ども用の椅子がある飲食店や、

ファミリー向けのサービスを行っている飲食店が多い気がします。

あまり葛西で外食したことないのですが、

「黄金の羊」というラム肉専門の焼肉屋に妊娠期行ったのですが、

夜来てるお客さんがファミリーばかりで、

1歳?2歳くらいの子が子ども用椅子で食事していたのが衝撃でした。

駅前の「はなの舞」にもファミリールームがあるし。

お店の子ども歓迎ムードは、ほんと有り難いです。

 

②おばあちゃんおじいちゃんが優しい

江戸川区は子どもも多いですが、年配の方も多いです。

バスや電車で隣になると、かなり高い確率で話しかけてくれます。

これが今までのわたしの生活には全く無かったことなので、

素直に嬉しかったなぁ。

たいてい「いくつ?」、「かわいいわね」から始まって、

自分の息子や孫の話になるのですが、

初対面なのに(初対面だから?)、すごく衝撃的な話をされるときもあります。

(自分の娘は旦那にDV受けて、耳たぶが切れて、今はシングルマザーだよ、とか。苦笑)

おばあちゃんおじいちゃんも話し相手見つけて嬉しそうだし、

わたしも嬉しいし、前よりも年配の方が好きになりました。

 

東西線でどこへでも行ける

家探しのときに、不動産屋さんに教えてもらったのですが、

東西線はメトロの中で唯一、他のメトロ全線と繋がっているんですって。

つまり、他の線の駅に行く場合の乗り換え数が、1回で済むんです。

もちろん2回以上乗り換えたほうが早い場合もありますが、

楽したいときには、乗り換え1回はかなり便利です。

 

⑤公園が多い

子どもが多いので、広い公園、遊具が豊富な公園が多いです。

レクリエーション公園とか、西葛西までつながっているし、

とにかくドでかいです。

あとは、前にも書いたけれど、行船公園

動物園も隣にあるし、池もきれいだしで、大好きです。

葛西の公園に行くと、子どもたちの人口密度が高すぎて、

少子化であることを忘れます。笑

 

 

 

他にも私立幼稚園の助成とか、美容室の親子カットとかありますが、

総じてアレですね、子育て世帯に優しい街だと思います。

でもそれも条件つき。

保育園についてはかなり激戦区というか、

そもそもゼロ歳児の枠がない&人気の園は1歳枠もほぼ兄弟枠にとられるので、

共働き世帯にはあまり優しくないのかもしれません。

ココをどうにかしたら、もっと良い街になるのになぁ。

 

 

 

以上です。また何か思い出したら追記します!