読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

everyday, everynight

子育てをしながらバイトを始めたけどすぐ辞めた新米ママのブログ。

マルエツネットスーパー大活躍

日常 葛西生活

前から書こう書こうと思ってたことを書きます。

去年から大変お世話になっている、マルエツネットスーパーについて。
これ、普通のネットスーパーよりとっても便利です!

マルエツネットスーパーの便利ポイント
・購入金額が1,800円以上なら送料無料
・店頭と同じセール価格で買える
・当日注文で当日届く
・配達時間が3つから選べる
・注文締め切り前であれば、商品の追加やキャンセルが可能
・「子どもが寝ているのでインターホンではなくノックで」など細かい融通がきく

小さな子どもがいると、スーパーでの買い物もひと苦労です。
子どもが商品を勝手に持っていったり、倒してしまったり…。
カートに素直に乗ってくれればラッキーですが、いざ家に帰るとなるともう大変。
子どもはまっすぐ歩かないし、荷物は重いしで、家に着く頃にはヘトヘトです。

妊娠中から重いものだけはコープデリで頼んでいましたが、
一週間後に届くものを注文するというシステムがわたしにはどうも合わず、
結局主人に買ってきてもらったりしていました。

他のネットスーパーは送料無料のハードルが5,000円以上など、結構高いのです。
そこが、マルエツネットスーパーだと1,800円。
お米を買えば大体そのくらいの値段になりますよね。

仕事を始めてから「買い物する時間が勿体無い」、「労力を使う」と感じるようになったので、
最近は週1〜2回、マルエツネットスーパーでまとめ買いをしています。

ただ、セール日且つ天気が悪い日などは、すぐに配達の便が埋まってしまうので要注意。
前日18時には翌日のセール情報が更新されるので、前日のうちに注文しておくと安心です。
注文しても、後から商品の追加や取り消しができますしね!

何だか宣伝みたいな記事になりましたが、純粋にこれがあって助かっているので、
感謝の気持ちを込めて書きました!
これからもよろしくお願いします。

お父さんがいると寝ない

子育て

年末年始の休みの間に、だいぶ息子と主人が仲良くなりました。

とても良いこと。

少し前までは、休みの日の朝に主人が家にいる=仕事に行かないだけで、

「お父さんが家にいるっていうことは、お母さんどこか行っちゃうんじゃないのー?!」

という感じで泣きながら脚にしがみつかれていましたが、それも無事なくなり、

仕事が始まり、少し主人が早く帰ってきただけで、

とても嬉しそうな顔をして玄関まで迎えに行くようになりました。

疲れて帰ってきてあんな子どもの表情を見たら、たまらないだろうなぁと思います。

 

主人と仲良くなったのは前述のとおりとても良いことなのですが、よほど楽しいのか嬉しいのか、

ぜんっぜん寝ません。それが困る。

 

お昼ご飯が終わって、さぁ昼寝~ねんね~と私がベッドに横になっても、

リビングのほうへ行こう行こうと手を引っ張ってきます。

主人の部屋の入口にはガードをつけているのですが、それをよじ登ってまで遊ぼう遊ぼうとせがむ始末。

昨日はしばらく遊びに付き合ったのですが、主人は体調を崩しているし、私も眠くなってしまって、仕方なく、

「よし、じゃあベビーカーでお散歩!」

と、息子をベビーカーに乗せ、家の近所をフラフラしました。

何もやることがないと、そっこー寝る息子。

昨日も外に出て5分ほどで眠りに落ちました。すぐに家に戻って、息子をベッドへ。

 

主人が家にいると、私が相手をしてくれなくても主人が遊んでくれるので、

それをちゃんとわかっているのだと思います。

ばあばの家に行ったときも同じようにぜんっぜん寝ようとしなくて、

結局夕方ちょっと早めに家を出てバスに乗ったら、そっこー寝ました。そして葛西に着いた瞬間に起きる。笑

 

色々状況を把握して、「いま寝たらもったいないな!」とか考えているのでしょうか。

わかるけど!すごくわかるけども!お母さんにも休憩の時間をください。笑

あったー

子育て

息子が単語以外の言葉を発するようになりました。

「あったー」

何かを見つけたときに、こう言います。

夕飯を食べている時、最初はスプーンで食べていたのに、いつの間にか手で食べていることがあります。
そんなときに、「あれ?スプーンどこいった?」と訊くと、
キョロキョロしてスプーンを探し、見つけると手にとり、
「あったー」
と言います。すんごく可愛い…。

昨日保育園のお迎えに行ったときにその話を保育士さんにしたら、
「良いこと聞いちゃった!ありがとうございます!」
と言ってくれました。今ごろ何か探してるかもしれません。

認可保育園、合格!

仕事 子育て

来年4月から認可保育園に入れることが決まりました。
待ちに待ったこの日。
昨日の夜からドキドキで朝から何度もポストを確認していました。

お昼過ぎ、ポストに封書がひとつ。

期待と嫌な予感が交錯しながら家に戻り、封を開けたところ、

「承諾」

この2文字が一番に目に入りました。

やったー!良かった〜!と主人とハイタッチして、本当の本当にほっとしました。
いま10万以上の保育料をかけていても、来年の4月には3,4万になる!
そう思うだけで緊張がとけ、体温が上がります。



11月から週5にした甲斐があった、嘆願書をつけた甲斐があった、
働くほどにマイナスになる日々に耐えた甲斐があった、そう思える幸せ。

もし落ちてても認証園の保険はありましたが、
月額7万だし園長の対応がズサンで正直子どもを預けたいと思える園ではなかったので、
そこに行くことにならず本当に良かった。

いやもう本当に良かった。

何回も繰り返すフレーズになりそうです。

たったの350円

子育て 仕事

相変わらず毎日一時保育を利用しています。
一時保育だと、月極の人とは違って、毎日お迎えのときにその日の保育料を払います。
わたしの場合は8時間、給食とおやつ込みで7,200円。
しかし、送りを遅めにして、お迎えを早めにすると、7時間半の料金で計算してくれることが度々ありました。

連絡帳にかかれている利用時間を見てみると、7時間38分のときは6,850円になっています。
7時間41分だと7,200円。

ほぉ、10分以内であれば超過しても7時間半の料金にしてくれるのね。

そんな風に思って、先日同じように7時間38分でお迎えに行ったところ、なんと請求が7,200円。
たった350円なのだけど、モヤモヤしてしまい、家に帰ってから保育園に電話して訊いてみました。
若めの保育士さんが、
「申し訳ございません!今日のが間違いです。10分間はサービスしているので!」と言って、後日精算の約束をしてくれました。

そしてその翌日。
お迎えのときにベテラン風の保育士さんがでてきて、
「正規の料金は、7時間半を超えたら8時間の料金なんです。今日までサービスで6,850円にしますが、次からは無いです」
とのこと。

おーい!!!!!
これぞ改悪。
この時点で10分間サービスなくなりました。

いや変だと思ったんです。7,200円って計算してたのこのベテラン先生だったから。
園長先生なのかな?じゃあダメだ。どうしようもない。

7時間半以内で済ませるとなると一気に難易度が上がるので、6,850円は諦めたほうが良さそうです。

悲しい…。

たったの350円なのだけど、月20日だと7,000円、あと4ヶ月預けるので28,000円。

辛い…。

昨日はそんなことがあって落ち込みましたが、今日は息子が体調を崩してしまったので、それどころではなく。
体調を心配しつつ、病児保育を検討しつつ、
明日預けないのにキャンセル料として3,400円取られることに虚しさを感じつつ。

世の中厳しいなぁ…。

仕事を一旦辞めたママが再就職する厳しさはここにあるのです。

浦安の保育園に拒まれて

仕事 子育て

江戸川区の保育園に空きが無さ過ぎて浦安市の保育園に助けを求めましたが、助けてくれませんでした。

言葉や文章でハッキリ言われたわけではないけれど、
急に一時保育の予約がとれなくなったり、入れるかもと言われていた月極の話がなくなったり、
きっと気のせいではないはず。

10月11月あたりまではウェルカムな雰囲気だったのになぁ…。

何だか状況が変わったのは、その保育園に市の監査が入ってからのような気がします。
市の監査が入るからって、その日予約していた一時保育をキャンセルされたのです。
そのときは何でだよと思いつつも、もう一方の保育園に慣れさせたかったのでOKしましたが、
あれがターニングポイントでしたね。完璧。

それまでは、「新しく入る0歳児が年内までかもしれないので、年明けからは月極入れそう」とか、
「いつも一時保育ですみません、次空いたら優先させるので」とか言ってくれていたのに、
何故か年明けの一時保育の予約も12月に入るまでとれなくて、やっととれても水曜だけ。
月極の話なんてありましたっけ?みたいな雰囲気出されるし、すごく嫌な感じです。
中でもフレンドリーに接してくれていたスタッフさんはあんまり話してくれなくなっちゃったし、
かといって上の人が出てくるわけでもなく、
いつも言いにくいことは事情をよく知らないであろう一番若いスタッフさんが、
ただ上に言えと言われたことをそのまま、わたしに言ってきます。これじゃ反論もできない。

主人にその旨を話したら、
浦安市外の人を預かるメリットがないのでは、と言われました。
浦安市の人を預かれば、市から補助金が入ります。
浦安市外の人を預かれば、その人から補助金分のお金が入ります。
しかし、そのお金は売上金となり、税金がかかってしまうのです。
月5,6万は、年間にすれば数十万になります。
それが課税対象か非課税かは、民間企業にとっては大きいのではないか、とのことでした。

なるほど…。

当たりの悪い保育園に預けるのは親ですが、
一日8時間そこで過ごすのは息子なので、ちょっともうその浦安の保育園はやめようと考えています。

いつになったら落ち着くのでしょうか…。

急成長

子育て

週末は長崎に行っていました。
主人の祖父母のお見舞いです。サプライズで行ったので、とても喜んでくれました。

長崎に行くと、息子は決まって急成長します。
行く一週間くらい前から徐々に歩みを進め、長崎にいる間にスパートをかける感じです。

夏に行ったときにはあんよ上手になり、
今回はおしゃべりが上手になりました。

パパ、ママ、ばあば、じいじをほぼマスターし、
「パパって言ってみて」と言ったらちゃんと「パパパパー!」と返してくれます。
パの数は気にしないでください。笑

本屋さんでじいじに「いないいないばあ」の音が出る本を買ってもらってからは、
『わーお!』のエンドレスリピート。
曲をかける度にダンスの精度が上がっていき、
最初は腕を振る程度だったのに、今ではお尻に手を当てたり、ピピピも自分のお腹を指差したりしています。

昨夜は絵本を見ながら「わんわん」も言えたので、歓喜しました。
すごーい!と褒めたら、エヘヘと照れくさそうに笑う息子。
成長ってほんと急に、一気にするからビックリします。
長崎で色々な人に囲まれたのが良い刺激になったのでしょう。素晴らしい。

また1月に行くのですが、そのときにはもっと喋っていそうです。
早くお喋りしたいなぁ〜。